しらたきで、辛いダイエットスープ

最終更新日

Comments: 0

 

しらたきを麺代わりにして、辛いスープ作りました。

白滝を麺代わりにしたのですが、まあまあでした。

この画像では、ちょっとわかりづらいのですが、ブリのアラが入っています。

アラって安いですよね。(ものによるのか?w)

ブリのアラをいくつか入れて、生臭さを消すために、しょうがをすこし入れて一度、ゆでこぼした後に、あらたに、あたらしいお水でスープを作ります。

 

辛いダイエットスープ

材料

・魚のアラ(今回はブリ)

・しらたき一袋

・小松菜、長ネギ、マメもやし、しそ、えのき

・しょうがのすりおろし(チューブつかいましたw

・お豆腐 半丁

味付け

・和風だし 少々

・味噌 少々

・醤油 少々

・豆板醤

・コチュジャン

・みりん

量は、味を見ながらいつも目分量です。

生姜のすりおろしは、さいしょにお魚のアラを煮こぼすときに入れます。

今回、これ主食です。

白滝のカロリー、量

白滝は、調べてみたら、100gあたり、6 kcalのようです。

だいたい、一袋の一般的内容量は、100gのようです。

一袋、入れてしまいましたが、もう少し少なくてもよかったかな。

しかし、インスタントラーメン一食分の麺よりは、少ない感覚でした。

半分では、ちょっと少ないです。

おなかいっぱいになりました。

でも、白滝スープなので、おなかいっぱいになっても、すぐ胃は軽くなります。

こういうレシピ、この程度の量に、胃が慣れるといいのに(笑

こんにゃくスープ

 

夏ばて防止の辛いメニュー

美味しかったので、これから何度も作りそうです。

 

新陳代謝、活性化される感覚はありますが、

辛いものは食べすぎると胃が荒れますから要注意ですね。

定着した食事のお共、青汁です。

okan

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする